アフィリエイトで稼ぐ・CSVslicer
SITE MAP .

2017年ライセンスキーの販売を再開しました

2008/5/25発売
「アフィリエイトツール大全」(三才ブックス)にCSVslicerが収録されています。

ユーザーが作ったCSVslicerのマニュアルです。 よく使う機能の具体的な使い方を画像で解説していてわかりやすいです。

アフィリエイトで稼ぐCSVslicer
アフィリエイトで稼ぐ・CSVslicer
CSVslicerの特徴とメリット
CSVslicerでHTMLを大量一括生成

商品データCSVファイルを有効活用する方法
トラフィックゲートのcsvデータから商品ページを作る
基本機能がわからない方のための練習用サンプル
CSVの1つのセルで、複数行のデータを扱いたい場合(グーグルアドセンス・アフィリエイトコード・長文)
リピート機能のとき、ページによってデータを変えたい

CSVslicer サンプル版ダウンロード
CSVslicer正式版ライセンス購入
CSVslicer送金済みフォーム


PPC広告で稼ぐ・PPC広告のメリット
複合キーワードが稼げる

PPCキーワードマシンガン無料サンプル版ダウンロード
PPCキーワードマシンガンの使用方法

PPCキーワードマシンガン正式版ライセンスキー購入
PPCキーワードマシンガン送金済みフォーム

アフィリエイトで稼ぐ・収入アップ方法
アフィリエイトで稼ぐのは難しい?
アフィリエイトで稼ぐコツ
キーワードの月間検索数を調べるツール
SEOは、ページ数と内部リンクが多いと有利
SEOにも効果的なCSVslicer
被リンクの増やし方
アクセス解析を使用したアフィリエイト成功例
「売れたキーワード」を調べる方法
トップページは重要じゃない?
アフィリエイトは、プログラミングができると有利?
急拡大するアフィリエイト市場
アフィリエイト収入シュミレータダウンロード



個人情報の取り扱いについて
特定商取引に関する法律に基づく表示
運営元情報
お問い合わせ

 

(c) 2006 アフィリエイトで稼ぐCSVslicer All rights reserved.

 


アクセス解析を使用したアフィリエイト成功例

ここで、アフィリエイト運営には欠かせない「キーワードアドバイスツール」、それと「アクセス解析ツール」を組み合わせた 具体的な成功例をお話してみたいと思います。

キーワードアドバイスツールは、キーワードの月間検索数がわかるツールです。複合キーワードの検索数までわかります。
アクセス解析ツールで、訪問者が使った検索エンジンやキーワードを知ることができます。
この「キーワードアドバイスツール」と「アクセス解析ツール」は、アフィリエイトの売り上げアップには、欠かせないツールです。
アクセス解析ツールでおすすめなのが、無料の忍者アクセス解析です。

「キーワードアドバイスツール」と「アクセス解析ツール」で売り上げアップを図ると聞いても、今ひとつピンと来ない方も いると思います。

ネットでよく売れる商品のひとつに、コンタクトレンズがあることは、知っている人が多いでしょう。

私もコンタクトレンズのページを作っていました。
私は、視力が左右2.0で、コンタクトレンズとは、まったく無縁の生活を送ってきましたので、コンタクトレンズについて全く 商品知識がありませんし、どんな商品がよく売れるのか、まったく予想できません。
また正直な話、商品について全く興味がないのです。
にもかかわらず、コンタクトレンズを売りまくったことがあるのです。

ある日、アフィリエイトASPの管理画面を見るとコンタクトレンズが売れていました。
コンタクトレンズは、たまに売れるので、別に珍しいことではないんです。
売れた商品を確認してから、前日のアクセス解析を見てみました。
そこには、今まで見たことのないキーワード「黒目」という言葉があったのです。
売れていたのはコンタクトレンズだけではありませんから、私にはその「黒目」というキーワードで来た人の目的がさっぱりわかりませんでした。

次の日にもアクセス解析には、「黒目」というキーワードがあり、前日と共通しているのは、コンタクトレンズが売れているということです。
自分が作ったコンタクトレンズのページを開いてページ内を検索すると「黒目」というワードが一つだけありました。
そこでキーワードアドバイスツールで「コンタクト」と入力してみました。
すると「黒目」の検索数が数百ありました。
「黒目」の複合キーワードも頭に入れました。

調べてみると、この黒目というキーワードで来る人の目的は、「黒目部分を大きく見せることができるコンタクトレンズ」のことだとわかりました。
目がくっきりと見えるため、女性に人気だそうです。
「この商品の検索数は、まだまだ伸びるのではないだろうか」
そう思いつつ、今度は、ヤフーで「黒目 コンタクト」と入力してみます。
検索結果は、・・・何と数十しかない。しかも1ページ目に自分のサイトがあって、どうやら上位表示を狙っている人はいないようです。
それから急いで、黒目コンタクトのページを作って追加しました。

ライバル不在のため、暫くの間、このキーワード関連で、1位表示だったことがあります。
このとき、毎日のようにコンタクトレンズが売れたのです。

ここで、どれくらいの期間、上位表示を維持できるかは、内部リンクの多さが重要になってきます。
ライバルサイトがいくつか現れたとき、内部リンクが少ないと、あっという間に順位が下降することになります。

この例では、偶然にも最初に作ったページに「黒目」というワードが入っていたことが始まりになっていますが、ツールの使い方の流れや 解析作業の重要性もわかることと思います。

アクセス解析で、自分の知らない単語がでてきたら、それが何を意味しているのか、今まで売れたことのない商品が売れた場合、 何故売れたのか、ツールを使って、原因をとことん追究してみると、思わぬ成功に結びつく場合があるのです。

「そんなうまくいくことは、滅多にないだろう」と思うかも知れませんが、こういうケースがよくあるんです。 アクセス解析の画面で、自分で「意味のわからないキーワード」に注目してみてください。

アフィリエイトで「売れたキーワード」を調べる方法


ブログパーツ